活動報告

伏見市長の政治姿勢が問われる9月議会初日 骨抜き自己満足の政治倫理条例

9月8日から10月19日までの日程で9月定例月議会が始まりました。
初日は各会計の27年度決算の報告や一般議案が審議されました。
議案第34号 枚方市長の職務に係る倫理に関する条例の制定について
 これは市長が公約していた倫理条例を提案しました。これは市長が選挙戦で「市長の政治団体が利害関係者から多額の献金を受け取っていた」と批判し、公約したものです。ところが提案された条例は全くの骨抜きです。我が党議員団は下記の反対討論を述べてこの議案に反対しました。
所信表明で市長は「市長という地位を利用して金品の授受や飲食の供応などを受けるようなことはあってはならないことだと考えており、私自身、決してすることはありません。」と述べるとともに、「公正で公平な市政運営を担保するためには、制度としての条例化を含めて、市長の政治倫理の保持の仕組みを構築することが必要との見解を述べてこられました。
当然、提案される条例は市長の政治倫理に関する条例を提出されるのだと理解しておりました。市長が自ら先頭にたって律することは重要なことで、このことを否定するつもりは一切ありません。
しかし、驚いたことに提案された条例は伏見市長その人にだけに適用するものでした。これは極めて無責任ではないでしょうか。
また、条例の中身も政治倫理条例となっていません。
第1に、第3条第5項の政治活動に関する寄付についてです。道義的批判を受けるおそれのある寄付は受けないとのことですが、おそれがあるかいなか、判断するのは市長自身だと答弁し、かつ、その判断基準も市民の前に明確に示すと述べられませんでした。これでは条例を制定する意味がありません。
加えて、条例では後援団体を省かれています。市長の政治資金を管理する後援団体を対象にしないのであれば何のために条例をわざわざ制定するのか意味がありません。
第2に、職務関連犯罪により逮捕または起訴されながら、なお市長の職にとどまろうとする際の市長の説明責任とその手続きを規定した政治倫理条例にあるべき内容がありません。市長は当然ながら説明すると述べられましたが、ならば規定すべきではないでしょうか。
第3に、市民の調査請求のハードルが極めて高いことです。他市では50人以上の連署でもって請求が可能とされていますが、枚方では50分の1、28年6月現在では6780の連署とともに疑惑を証明できる書類が必要とされています。積極的に疑義をはらす態度を示すものになっておりません。
市長の倫理に関する条例は必要ですが、本条例はただいま述べたように実効性に乏しく制定の意味をなさないため、これでは賛成できないと述べ討論と致します。

小中一貫校(施設一体型)は検討中。山田東小の統合は「早期」でなく「児童数の推移をみて」

学校規模等適正化答申に関する説明会ー子ども、地域の大切な学校の未来を 勝手に決めないでと切実な声、次々とー
 学校規模等適正化に関する説明会が6月26日の中宮北小学校から始まり、30日に西牧野小、7月2日は高陵小、5日が明倫小、8日に招提北中学校、11日には山田小、14日に東香里小、17日には樟葉北小学校でと開催されてきました。
 議員団からのぐち議員が中宮北、高陵、明倫、山田小学校に、松岡議員が西牧野小学校、招提北中学校、楠葉北小学校に、つつみ議員が東香里小学校の説明会に出席し、保護者、地域のみなさんの意見を聞いてきました。
 今回の説明会は、学校規模等適正化審議会が3月に発表した「枚方市立小・中学校の配置等の適正化について」の答申を説明する目的で開催されています。

参加者から答申撤回の声も
 そもそも、議員団は答申を出す前に各学校・地域の意見を聞くべきだと求めてきました。しかしインターネットアンケートを実施しただけでした。その結果、保護者や子ども、地域のみなさんの生の声、各学校の歴史や条件、学校の実態がまったく反映されていないため、説明会では当事者である保護者や地域の方から、「答申」に納得できない、理解できないという声が多く出されています。
 特に、中宮北、明倫、山田小学校では、参加者から答申の撤回や反対する意見が集中しました。
 地域の避難所はどうなるのか、校区コミュニティーがどうなるのか、見守りや地域での子育てはどうなるのかという事も質問しても答えがないので、市民はますます不安になる一方です。
 説明会では、教育委員会職員が、「新しい学校を建てるためにお金がいる。統合後の跡地を民間に売却してあてることも考えられるとか、小規模の学校では、先生の当たりはずれがあっても、クラス替えがないと、そのままになる。教師としても、小さな学校に来てしまったと言う思いもある。統合でクラス数が増えれば、劇的に教育条件が変わる。」など市民が誤解するような発言も相次いでいます。

小中一貫校(施設一体型)は検証中
 山田小学校での説明会で「小中一貫校になれば大規模校になる、どのようになるのかわからない」という質問がありました。
 教育委員会は、実施時期について「早期」とあるが、実は小中一貫校(施設一体型)については、先進事例を視察に行っている。ただ枚方市の教育委員会として小中一貫教育は今年度から始めている。いろんな課題を整理している状況であり、施設一体型についてはもっと我々も勉強しながらメリット・デメリットについてさらに検証する必要があると、答弁しました。
 このような状況の中で、なぜ、施設一体型の答申が出たのか、疑問です。
 この説明会は審議会の答申を説明する場ですが、参加者から様々な質問が出されます。
 多く出されたのは通学路の問題です。通学距離が2.2kmになり、大人の足で40分、1年生では1時間かかる、全国一暑い枚方で子どもに1時間も歩かせるのか、これまでは地域の見守りがあったが、どうなるのか、安全対策は大丈夫か、子どもを心配する声が多く出されました。通学区域の変更で小規模校の解消ができるという意見も多く出されました。(以上は7月23日号の枚方民報記事、20日の午前中執筆です)

山田東小学校説明会で新たな展開(ここからは20日夜執筆です)
第1の新たな展開
参加者からの「いきなり一貫校になるのではなく、いったん交北小学校に統合してからという方法もあるのではないか」という質問に対し、課長は「交北小学校に統合してから検討するという方法もあると考えている」と答弁がありました。

第2の新たな展開 小中一貫校(施設一体型)・山田小の統合は児童数の推移をみて
 小中一貫校(施設一体型)については教育委員会としてメリット・デメリットをまとめ切れていない状況であり、検討していきたい。
 山田東小の統合については、答申では「早期」とあるが、教育委員会としてはもうちょっと時間をかけて検討していく今後の児童数の推移を見ていく、児童数が増えれば統合はなくなるという説明をしていました。これは初めて聞きました。

第3の新たな展開 通学路は2キロ以内に
 通学路についても、山田東小の場合、交北小学校までは最長で須山町81番付近の方が1.8kmになります。参加者からは学校が遠くなる、歩道が整備されていない、危険になるなどの意見が多く出されました。小学校1年生など小さい子は身長が小さく地面に近い、枚方は全国でも有数の猛暑地で朝はお茶があるけど、熱い盛の時間に帰ってくる子どもが熱中症になるなど心配の声も出されました。
いつも文科省が通学距離4キロ以内だという基準を出して説明していることに対して、参加者から「文科省が4キロ以内で子どもがストレスがないとしているのは小学校5年生と中学2年生を基準にしている。小さい学年の場合はこれに当てはまらない。小さい子も4キロ以内でよいとする説明はすべきではない」と指摘がありました。これに対して教育委員会は、認めるとともに「今後は4キロ以内という説明はしない」と回答するとともに「枚方市の場合は通学距離は2キロ以内としている」と説明がありました。これもびっくりです。こんな説明はこれまでの説明会で一言もしていません。隣に座っていた山田小学校区から参加していた方が「そうすると山田小学校の場合は交北小学校までの最大距離が都丘町38番付近から2.2キロあり、200メートルも文科省の基準を超えている」と驚くと共に怒りの声をあげていました。

小規模校の子どもは人間関係を築けないのか

 先日、中宮北小学校での学校規模等適正化に関する説明会の報告をしましたが、そこでの早稲田大学教授の話が正確でないと教育委員会職員から言われましたので、もう一度メモを詳細に書き起こしました。ほぼこの通りの発言をしたと思います。
【説明会の発言より】
子どものことについてお話しさせていただきます。小規模になり、1クラスが30人をきり、25人になり、1クラス20人をきるということになれば人間関係がせばまってきてしまうことで、とっても教育上良くないと考えている。
 一昨年、校長を対象にした研修会の折に早稲田大学の教授が話をしたことだが、教育学部の子で、将来民間に出ていく子が就職活動をしていく中で、何社からも内定をもらってくる子どもと、全くいっさい内定をもらえない子と別れてしまったという話を聞かせてもらったことがあります。その教授がずっと観察していると、あるグループの子は授業も一緒、お昼ご飯食べるのも一緒、サークルやクラブも一緒、バイト行くのも一緒というグループの子。
 もう一つは授業は授業、お昼食べるのはお昼、バイトはバイト、サークルはサークル、それぞれのところで人間関係を作っている子。
 どちらのグループの子がどうなったかっていうのは明らかなように、固定されたグループでしか行動できない子どもたちっていうのは、企業面接、採用活動していっても、なかなか採用してもらえなかったということがその時説明してもらった。なるほどなぁ人間関係築いていくというのはとっても大切なことやと考えています。
 そんな中である一定規模以上の子どもたちが集まっている中で教育活動を受けていく、生活していくということは子どもたちにとって将来とっても大事なことやと考えているとこところです。
【のぐち意見】私は、この話をした教育委員会の職員に①この内定をとれなかった子どもたちは小規模校の出身なのかと質問しました。「それは確認していない」とのことです。②成人した大学生と成長過程にある子どもたちを一緒にするのは理解できない。③保護者に不安をあおるべきでない。④私も1学年28人の小学校を卒業したが人間関係を作れないと思っていない。④小規模校においても豊かな人間会計を作れる教育実践はいくらでも報告されている、などです。
 みなさんは、いかが思いますか。私はこの考えが教育委員会としての考えなのか確認して生きたと思います。

中宮北小学校での学校規模等適正化に関する説明会に出席

2016年6月26日、中宮北小学校での説明会は体育館に100名以上が参加されていたかと思います。午前10時から12時までの予定が午後1時40分まで延長され、午後1時からメセナひらかたで開催される「総合文化施設と別館になるメセナひらかた、廃止になる枚方市民会館説明会」に慌てて向かったので出席者数も確認できませんでした。結局メセナでの説明会はもう終わっていて参加できませんでした。しかし議員団から広瀬・つつみ・松岡議員が出席していただいていたので安心しました。
 20名以上の方が発言した白熱した、熱心な説明会での感想は、やはり私が議会で求めていた通り、この審議会の答申をつくる過程でこのような説明会を開いて、保護者の声、地域の声を聞いておくべきだったという事です。
 まず第一に、小規模校のデメリットばかりを強調し、小規模校は活気がないと決めつけていることです。小規模校になればいろんな問題が起きると説明しますが、そのすべてが教育方法の工夫で解消できることばかりで、参加している保護者が納得できることが何一つなかったことです。私が聞いてもそれはおかしいだろうと思うことばかりです。特に驚いたのは早稲田大学の教授がゼミの学生で少人数のグループの学生は消極的で就職試験で内定率が低いというような話です。少人数、小規模校の優れた実践はいくらでも報告があります。私自身、小学校は3つ変わっています。二クラスの小学校、6クラスの学校、1学年28人の学校、どれもそれぞれいろんな体験をできました。そのことが大切だと思います。
 特に中宮北小の場合は263人で11クラス、他の小学校ではもっと人数が少なくても12クラスを超える、つまり、少人数学級のクラス編成で1学年が36人だと2クラスになり35人だと1クラスということから、一概にクラス数で見るべきでないという事です。
 そもそも今、通っている子どもたち、その保護者が今の中宮北小学校の教育に満足し、困っていないという事です。中宮北小学校が8クラスになるのは審議会の資料では35年以降であり、それも確実なものではないわけです。
つまり対象校の保護者の意見が全く反映されていないという事が大きな問題だということです。
第2に、学校統合の検討の対象となる学校毎に、当該学校区と隣接する学校との統合方策案について、学校規模や施設規模など、5つの視点から比較・評価を行い、総合的に最も適切な方策の検討を行いました。としている内容についてまったく説得力がないという事です。
第3に審議会に対し、関西外国議大学の教授が会長であることの問題点。
第4に今後の進め方の問題です。当面、中宮北小学校では様々な問題、質問に対する文書回答を7月末をめどに行ない、引き続き説明会を持つことが確認されました。
 全体の流れもこの説明会の後、学校規模等適正化基本方針を取りまとめていくという説明に対して「基本方針案」を示して、説明会を開くべきという意見。様々な意見が出されました。
参考にこれまでの議会質問を添付しますnogutisitumon

学校統廃合問題を中心に市政報告会を開催(報告その1)

 御殿山生涯学習美術センターで午後2時から市政報告会を開催しました。今回は私の生活相談区域に全戸配布した議会報告ビラ「どすこい」春号で「学校統廃合問題を中心に、この間の議会報告と懇談をします」とご案内しました。
 枚方市学校規模適正化審議会の答申が3月28日にだされ、枚方市内20校が対象となっていますが、「できる限り早期とすること」と高陵小学校と中宮北小学校の統合、その次が「早期」として山田・山田東・交北小学校と山田中学校を統合し、施設一体型の小中一貫校にしていく、すべて私の生活相談区域という事で、議員団のビラと同時にこの問題を中心にした議会報告ビラを発行しました。
 報告会では、まずこの間の枚方市政の特徴、伏見市長の政治姿勢から入り、教育問題を中心に私の3月議会の報告をしました。
 最近の市政をめぐる問題で報告しなければならないのが「美術館問題」です。そもそもの経過報告と4月28日に開催された全員協議会の内容を私の質問を中心に報告しました。そもそもの間違いはきちんとした手続きを、手順を踏んでないこと。そして二つ目の間違いが市民不在、地域への説明不足です。このことは今回の学校統廃合問題でも同じことがいえるという事で、学校規模適正化審議会の答申と議事録の内容、そして、今後の方向について説明しました。
報告を終えての懇談では
①小中一貫教育のメリット・デメリット、十分知らされていない
②子どもたちの意見を聞くつもりがあるのか、まったく知らない親もたくさんいる
③この問題を広く知らせていこうと対象校の親有志で作っている「統合と小中一貫校を考える親のネットワーク~ひらかた」でビラを作ったと対象校になっている学校に子どもが通う保護者の方が発言してくれました。
この他にも貴重な意見が出されました。今後報告していきます。

統合と小中一貫を考える交流会で報告

 統合と小中一貫を考える交流会に招かれ、市政・議会報告をしました。
 この交流会は答申案で統合や小中一貫校の対象となっている小学校の保護者が集まって開催したもので、お母さん、お父さんなどが参加されていました。
 私からは、昨年12月に教育委員会より学校規模適正化審議会の答申案が出され、12月議会で私が質問した内容について、そして3月議会での代表質問、その後の私の予算委員会での報告をしました。
 答申案では中宮北小学校は高陵小学校に統合するとあるが小学校が統合した後はどうなるのか。実際に統合した場合のクラス数など実情を充分考えているのか。答申が出されたらもう決定なのか。どのような手順で進められるのかなど、様々な質問や意見が出されました。
 わずか2時間弱の交流会でもこれだけたくさんの疑問や意見が出されるのか驚きました。学校規模適正化審議会の委員さんも実際に、このような保護者の意見や疑問を聞いてから答申を出してほしかったというか、出すべきだと痛感しました。
rejime

Page 3 of 141234510...Last »