代表質問 学校規模適正化について

のぐち:学校規模等の適正化についてです。
 現在、学校規模等適正化基本方針案に対するパブリックコメントが実施されていますが、まず、この市民の声が反映されるのでしょうか。方針案には対象校で実施した説明会の意見が反映されていません。説明会では、保護者から「小規模校で何も困っていない」「切磋琢磨の教育ではなく、一人一人に行き届いた教育を望む」という声ばかりでした。ところが、方針案には全くこの声が反映されていません。だから説明会の貴重な録音データを消去したのかと思うほどです。 今回のパブリックコメントも、結果公表予定時期を平成29年7月ごろとしています。文教委員協議会の説明では6月に方針を決定するとしていました。市民から寄せられた意見を公表する前に方針を決定する。方針には市民の意見を反映しないと言っているようなものではないでしょうか。
 今回の方針案も学校名は2校以外は明記されていませんが、よく読めば、統合対象校は答申で「早期」と示された小学校7校、中学校2校も特定することができます。結局答申どおりです。なぜ、市民の声を聞き入れないのでしょうか。市長は学校をなくしたいのか、それとも存続させるためにも、市長公約である3年生までの30人学級、6年生までの35人学級の拡大をしていくのか、お伺いします。
伏見市長:学校規模等の適正化について、お答えします。
現在実施していますパブリックコメントでいただいた御意見等を参考に基本方針を改定してまいります。
また、児童、生徒数の推移を踏まえた適正な学校配置等の見直しは、良好な学習環境を確保し、充実させる観点から必要な取り組みであると考えています。
 少人数学級編制のあり方につきましては、第5次総合計画における実行計画において、平成30年度に効果の検証を行うこととしており、それを踏まえ、子どもの学力向上に向け、より有効な手法を検討してまいります。

のぐち:学校規模等の適正化について、2回目の質問をさせていただきます。
市政運営方針では、多く施策を地域との連携で進めていくと述べられています。そして、コミュニティ・スクールについても言及しています。学校がなくなればどうなるのでしょうか、子育て世代が当然定住しなくなります。定住促進の重点施策からも逆行する統廃合はしないという方針を示すべきではないでしょうか。
先ほどのパネルにもありましたが、ここでは、市長は30人学級については小学校3年生まで1クラス30人以下の学級編制を実施しますという公約、実現に向け「検討中」と答えているわけです。実際にぜひこれを検討していただきたいと思います。
まず、この少人数学級の実施をすべきではないかと思いますし、先ほどの答弁の少人数学級のあり方を検討していくという、先ほどの市民への報告とは全く違うことを市長は言っているのではないかと思います。これについての見解をお伺いします。
市長2回目答弁:次に、学校規模等の適正化について、お答えします。
先ほども申し上げましたが、適正な学校配置等の見直しは必要な取り組みであると考えています。 また、少人数学級編制のあり方につきましては、子どもの学力向上に向け、より有効な手法を検討してまいります。

のぐち3回目要望:統廃合の学校規模の適正化ではなく、少人数学級の公約実施という質問に、30人以下の学級編制実現に向け、一方では検討するとビラでは言いながら、先ほどの答弁では少人数学級編制の効果を検討するという答弁でした。市長公約についての答弁では、将来的には取り組んでいくと、責任を持っていくという答弁でしたが、全く今の状況は違う状況になっています。将来的に少人数学級編制の拡充をするためにも、学校統廃合を前提とする学校規模適正化方針は撤回すべきだと申し上げておきます。

代表質問をしました

 3月7日に市長の平成29年度市政運営方針に対する日本共産党議員団を代表して質問しました。今回の代表質問では何回かに分けて報告していきたいと思います。まずは「市長公約」に対する質問と答弁です。
のぐち:市長は、公約の実現に向け、具体的な取り組みを着実に実施していく重要な年としていますが、例えば、少人数学級の拡充など、選挙時に約束していたことが、今回の市政運営方針や市長就任時の所信表明、あるいは市長が管理している公約事業一覧には書かれていません。ここで言う公約とは一体何を指すのか、選挙時に市民に約束されたことが公約ではないのか、見解をお伺いします。
市長:私自身が選挙時に掲げた公約については、枚方を変えたい気持ちから掲げたものであり、市長就任以降、事業効果や実施手法、財源面等の検討を重ねています。
私の任期中、また平成29年度に取り組む事業を所信表明や市政運営方針に掲げており、この実現こそが市民へのお約束であると考えています。

のぐち2回目質問:次に、市長公約について、2回目の質問をさせていただきます。
先ほどの答弁では、市長の選挙時に掲げた公約は、そのときの気持ちから掲げたということでありました。
ここで、議長にも許可をいただいたわけですけれども、市長の後援会が出された伏見市政だより11月1日現在というふうに書かれているわけですけれども、パネルを用意していただきましたけれども、大きくしました。(資料を示す)ここで市長は、市長に就任して1年が経過した。選挙公報に掲載した公約の進捗状況について市民の皆様に報告させていただきますと、このように書いて御挨拶もされています。ここでは、選挙公報のときに掲げた進捗状況が書かれているわけですけれども、それ以外にも、市長はプレス及びホームページでもたくさんの公約を掲げて、今度また年度内にホームページで公表すると。このように市長自身が言われているわけです。
ところが、先ほどの答弁では、これらの公約は市政運営方針や所信表明で掲げる事業の実現に変わってしまったと、このようにとられるわけですけれども、これではやっぱり有権者に対して、市民に対して大変無責任なことではないでしょうか。やはりきちっと市長として掲げた公約に対して、その実現、または進捗状況について責任を持つというのが必要だと思いますが、このことについて、市長の見解をお伺いいたします。
市長2回目答弁:市長公約についてですが、先ほども述べましたとおり、市民の付託を受けた立場として、本市のさらなる発展のためにも、所信表明や市政運営方針で掲げる事業等の実現に向けて着実に取り組んでいかなければならないと考えています。
なお、今回の市政運営方針に載っていない選挙時にお約束した公約につきましても、これは公約でございますので、しっかりと責任を果たしていきたいと思っております。

のぐち3回目要望:市長公約については、着実に取り組んでいかなければ、所信表明や市政運営方針で掲げる事業等の実現に向けて取り組んでいくんだということでありましたが、ぜひ市民の皆さんが期待した子育て支援の要望についても、しっかりとこたえていただきたいと思いますし、またこの間、質問してまいりました少人数学級などでは、この公約とは違う態度のようでもあります。少人数学級の沿線拡充のなどの公約に取り組む姿勢を早く市民に示していただきたいと申し上げておきます。

STOP統廃合・GO少人数学級 署名運動がスタート ご協力ください!

1月21日に「STOP統廃合・GO少人数学級 子どもファーストで市長公約の少人数学級拡充を」集会が開かれ、学校統廃合ではなく、市長の少人数学級拡充の公約実施を求める市民、お母さん、お父さん、教育関係者が「枚方の少人数学級拡充を求める要望書」を集める運動がスタートしました。ぜひ、ご協力を!要望事項は次のとおりです
①小学校5.6年まで「35人学級」を拡充してください。
②早期に、4年生まで実施している「ダブルカウント制」(支援学級の生徒もクラス人数に含む)を6年生まで拡充してください。
③小学校1~3年を「30人学級」にしてください。
私のホームページに署名用紙があります。ダウンロードし、FAX 848-3052 もしくは メール zen-htu@kh.rim.or.jp してください少人数学級署名用紙

信じられない!学校規模等適正化説明会の議事録が実は作成されていなかった!

なんと!学校規模等適正化説明会の会議録を教育委員会は作成していなかったことが判明しました。今日の17時20分に情報公開担当のコンプライアンス推進課で10月24日に議員団として松岡議員の名前で情報公開請求していた学校規模等適正化に関する説明会の議事録の情報公開請求に対して「公文書不存在」の通知書と説明を受けました。公文書不存在の理由は、説明会の記録は要点録は作成したが逐語的な記録は作成していないだめと書いてあります。しかし、こんなのは要点録ではありません。説明会で教育委員会言ったことが書いてありません。その言葉は「小規模は活気がない」です。この言葉に多くの保護者の皆さんが説明会で「子どもは楽しく過ごしている」「活気のある学校生活だ」とまさに学校の実態を発言しました。また言ってないことも書いてあります。要点録というのは議事録の要点をまとめたものです。これは単なる教育委員会が作ったQ&Aです。
 市のHPでは会議録を公開とあるのに見てみると、質問回答です。言ってないのに書いていたり、言った事を書いていない、教育委員会の都合のいいものです。私は9月20日の市議会一般質問で6月の説明会から3ヶ月も経過している。早急に議事録を公開するよう求めました。部長は「議事録はコミュニティ協議会とPTAに確認して公開していきたい」と答弁していたのに、実は会議録は作成していなかったと言っているのです。ということは作成もしていない議事録を、ありもしないものを公開すると言っていた訳です。議会本会議で嘘の答弁をしていたことになるとその場で抗議しました。その上、今からでも作成するように求めると、部長と課長の判断で録音データも削除、消しましたということです。信じられ無い暴挙です 

須山町で集い

今日は昼から須山町で集いがあり、地域のみなさんから貴重な生活実態や要望を聞くことができました。特に、一人くらしの方が増えている、これは全市的にいえることかもしれませんが、そこでの様々な問題などを知ることができました。また、ここ数年の降雨ににより、地形にも大きな変化が生じていることです。これは日々そこで生活している人しかわからない話です。市として、きちんと調査しないと市民の安全が危ぶまれる事態が起こりかねないという問題です。とりわけ、鳥取での地震の発生で防災問題に話題が集中します。もし、今回のような地震が枚方で起きたらどうなるのか、常に検証していく必要があると思いました。道路の問題や環境問題、空き家問題など、貴重な意見を一つひとつ地域のみなさんと問題を共有しながら、議会で取り上げなければならない問題についてもあり、12月議会に向けて早くから準備しようと思いました。

台風16号が接近する中、一般質問しました

 一般質問3日目の9月20日、私は6番目、最後の質問でした。台風16号が接近する中で「暴風警報」発令されているもとで、午後1時45分からの質問になりました。
 1つ目の質問は地域防災計画について、過去の災害による被害状況を共有し教訓にするため枚方市 地域防災計画に掲載すること。オープンデータとして公開するよう求めました。これは熊本地震でも想定外と言う報道がされたけれど過去にさかのぼれば周期として起きたことも明らかになりました。枚方でも昔より住まわれている方は「ここは昔も大きな被害にあった」と言い、新しい住民の方はこれまでにない被害だと、異なる感想をよく聞きます。宮城県仙台市などでは災害想定の基礎データとして記載しています。
 市の答弁は地域防災計画は、今後想定されている災害に対する予防・対策を推進することに重点をおくことが重要であるとの考えから、災害履歴については資料編での掲載としている。
 一方で、過去の災害履歴をオープンデータとして公開することについては、更なる周知・啓発の観点から取り組んでいくというものでした。
 地域防災計画の中で社会福祉施設の役割を明確にするよう求めた質問では、「連絡網の整備等に努めていただくよう明記し啓発に努めている」という答弁でした。私は、今被害が発生したグループホームのある岩手県岩泉町防災計画において各種計画の作成と提出が書かれていたが、実態が伴っていなかったということです。本市においても今一度徹底していただきたいし、少ない職員体制の改善や支援も必要だと要望しました。
 防災計画の3点目では、この間、災害発生時に避難所に行けないケースが全国で発生しています。
枚方でも指定避難所に行けない方が多くいます。地域と協議して、指定補助避難所や地区避難所を設け、その運営主体や備蓄、物資供給体制などを防災計画の中に明確に示していくべきだと求めました。
 答弁は「補助避難所や地区避難所といった指定外避難所については、地域に運営を委ねたいという考えから、地域防災計画の中に記載をしておりません。しかしながら、枚方市避難所運営マニュアルで指定避難所以外に避難されている方についても、状況を把握し、災害対策本部に報告することと明記しており、災害の状況に応じ、指定避難所を拠点にしながらも必要な支援は行うべきであると考えている」
というものでした。
 私は、補助避難所は第一次指定避難所に行けない人を受け入れる避難所として、市有施設で市が責任をもって地域役員と協力して運営するなど位置づけるべきだ。枚方でも指定避難所に行けない方が多くいます。ある地域が実施した防災問題を考えるアンケートでは、避難所が遠い、急斜面の上にあり登れない、坂道を上るのが困難などの理由で指定避難所に行けないと答えた方が多くいました。地域でも大きな課題になっている。地域の皆さんの意見を聞いて指定避難所、補助避難所、地区避難所の位置づけを明確にしていくべきだと要望しました。
 学校規模等適正化について
 私は中宮北小学校、高陵小、明倫小、山田小、山田東小、山田中学校、交北小学校の説明会にこの間、出席してきました。その説明会では、学校統合に反対の意見が多く述べられました。説明会は教育委員会が審議会の答申を説明し、保護者や地域のみなさんの質問や意見を聞く場なので、私は何も発言しませんでした。今回はその説明会を聞いていいて、市議会の場で聞いておくべきことを何点か質問しました。その一つは、説明会で出された統合に反対し、学校を失くさないでという意見を教育委員会はどのように受け止めているのか。②最初の説明会は6月26日の中宮北小学校でした。すでに3か月近くが経過するのになぜ議事録が公開されないのか。③小規模校は教員数が少なく学校運営に支障が生じていると説明していましたが、教育委員会としてどのように対処するのか。④答申で「早期」していたものを、児童数の推移を見る必要があると説明する場面が何度もありました。具体的に答申とは異なる方針を示していくつもりなのか。⑤通学路の安全対策について。⑥学校敷地の跡地問題。⑦小中一貫校(施設一体型)のメリット・デメリットについて検証が不十分であると説明会で答えていましたが、今後はどのような検証するのか。⑧学校規模等適正化審議会は間違った情報をもとに審議していたわけですからもう一度やり直すべき。⑨教育委員会の方針案ができた時点で説明会を開催した学校で、教育委員会として説明会を開催せよ。最後に市長の見解を求めました。
①に対する答弁は「この間の説明会では、ご指摘のような厳しいご意見等もございましたが、真摯に受け止め、ご理解をいただけるよう取り組んでまいります」
②は「議事録につきましては、校区コミュニティ協議会やPTAに公開の可否を確認したうえで、公開してまいります」
③は「小規模校への支援につきましては、学校とも連携する中で対応に努めてまいります」
④に対する答弁は「学校規模等の適正化につきましては、基本的には審議会答申を踏まえた対応を行っていく必要があるものと考えております。また、学校統合の方策としましては、今後、答申において「できる限り早期」に実施することとされました、高陵小学校と中宮北小学校の方策に特化いたしまして、取り組んでいくこととしたいと考えております。この他の取り組み方策につきましては、今後の児童生徒数の推移を注視するとともに個々の課題への対応を検討する中で、5年程度を目途として、改めてお示ししていくことを考えております」
⑨は「基本方針案策定後の説明会の開催につきましては、今後、検討してまいります」
最後、市長は「適正化につきましては、保護者や地域の方々のご意見をお聞きしながら、基本方針を改定してまいります」と答弁しました。
私が行なった質問の主な項目です。今後順次報告させていただきます。
1.地域防災計画について
2.枚方市のまちづくりの今後について
(1)都市計画マスタープランについて
(2)枚方市駅周辺再整備について
(3)総合文化施設について
(4)大学とまちづくりについて
3.学校規模等適正化について
4.市役所の人権意識について

Page 1 of 151234510...Last »